甲子園歴史館 タイガース2018年の足跡と歴代ショート特集 期間 2018年8月28日(火)~2019年1月20日(日)

甲子園歴史館では、8月28日(火)から、企画展「タイガース2018年の足跡と歴代ショート特集」を開催します。
2018年シーズン、阪神タイガースが繰り広げてきた戦いの軌跡を、スポーツ新聞の一面や試合成績で振り返ります。
また、球団創設時から現在に至るまでタイガースを支えてきたショートを守った選手達を特集するとともに、タイガースのショートに関する様々なエピソードにもスポットを当て、その活躍や名シーンを写真や展示品、更には映像で紹介します。

虎の歴史を作った名ショート

「内野の要」といわれるショート。80年以上の歴史を持つタイガースのショートは、常にスポットライトを浴び、そして様々な名選手を輩出してきました。
「今牛若丸・永久欠番23」吉田義男、「生え抜き選手初の2000本安打」藤田平、「1939試合連続出場・平成の鉄人」鳥谷敬をはじめ、常にタイガースや球界の中心にいた選手から、鉄壁の守備を誇った職人選手など、バラエティ溢れるショートの歴史を紐解きます。

【主な展示内容】
  • ・吉田義男選手(実使用グローブ)
  • ・藤田平選手 (1973年ダイヤモンドグラブ賞トロフィー)
  • ・鳥谷敬選手 (実使用ユニフォーム、2000本安打達成試合のウイニングボール)
  • ・真弓明信選手(実使用ユニフォーム)
  • ・平田勝男選手(グローブ)
  • ・和田豊選手 (大学時代に使用したグローブ)
  • ・久慈照嘉選手(最優秀新人賞ペナント)
  • ・藤本敦士選手(実使用グローブ) 他
タイガース2018年の足跡・MIP投票

タイガース2018年の全試合結果の紹介やスポーツ紙一面で振り返る2018年の足跡コーナー展示や、2018年タイガースで今シーズン最も活躍したと思う投手・野手を1名ずつ決定するMIP(Most Impressive Player)投票も開催致します(レギュラーシーズン終了時まで予定)。
その他、タイガースのペナントレース全試合の試合結果の紹介や、2018年4~7月の企画展「歴代監督特集~虎の名将たち~」で開催したアンケート「最も印象に残るタイガースの監督」の結果発表も行います。

【主な展示内容】
  • ・メッセンジャー選手(スパイク)
  • ・能見篤史選手   (ユニフォーム)
  • ・糸井嘉男選手   (実使用バット) 他