新着情報詳細

7/31(火)~8/26(日) 特別展「夏の高校野球 100回大会特別展」

2018/07/23

7月31日(火)から8月26日(日)までの間、「夏の高校野球100回大会特別展」を開催します。 今回は、100回大会を迎える夏の高校野球の歴史を味わってもらえるよう、例年実施している夏の高校野球の企画展の規模を拡大し、甲子園歴史館館内全体を使って実施します。

 大会期間中は、初代優勝旗に加え、二代目優勝旗、新調された三代目優勝旗を同時に展示するほか、高校野球を代表する選手の一人である松井秀喜氏の特別展示を開催し、2013年の国民栄誉賞受賞時に贈られた「金のバット」を展示します。更に、朝日新聞社協力の下、夏の甲子園で活躍した元球児による「甲子園レジェンド始球式(※)」で使われた始球式のボールを随時展示します。

 常設コーナーでは、今年新たに設置した「名勝負ギャラリーⅡ」に映像を追加するほか、夏の高校野球で旋風と呼ばれる活躍をした高校を取り上げる「旋風コーナー」、夏の歴代優勝校を紹介する「栄光の足跡」、夏の高校野球の歴史を、写真を通じて振り返る「100回大会の歴史」など、夏の高校野球の歴史が存分に味わえる内容となっております。

 更に、朝日新聞連載の「ベストゲーム47」の特集や、8月5日(日)に開幕する第100回全国高等学校野球選手権記念大会出場校の紹介、出場校の抽選会で実際に使用された出場校名プレートの展示などを行います。加えて、昨年、企画展コーナーに登場した「トリックアート」が100回大会特別バージョンになり、甲子園歴史館入館券もオリジナルデザインとなるなど、盛りだくさんの内容となっております。


概要は、次のとおりです。

※ 甲子園レジェンド始球式

 夏の甲子園で活躍した元球児が、試合のある全日程で始球式を行うというものです。レジェンドは、様々な年代で活躍した18名で、100回の節目で、大会の歴史を振り返り、次の100年につながるメッセージを始球式に込めます。
                                   

【主な展示内容】

◎初代優勝旗、二代目優勝旗、三代目優勝旗の展示

 ・初代優勝旗を館内常設コーナーで展示(名勝負ギャラリー)

 ・二代目優勝旗及び三代目優勝旗を館内企画展示コーナーで展示

   ※二代目優勝旗は、開会式終了後~8/26(日)まで展示予定

   ※三代目優勝旗は、開会式終了後~決勝戦前日まで展示予定

◎松井秀喜氏特別展示

 ・2013年の国民栄誉賞受賞時に贈られた金のバット

 ・国民栄誉賞の表彰状(パネル展示)

◎甲子園レジェンド始球式の始球式ボール

 ・大会期間中、毎日実施する松井秀喜氏、桑田真澄氏などが登場する「甲子園レジェンド始球式」の始球式で使用されたボールを随時展示

  ※雨天順延等により、展示内容を変更する場合があります。

  ※大会期間中、始球式終了後、都度展示を行う予定です。

◎夏の大会で旋風を巻き起こした高校を紹介する「旋風コーナー」

 ・浦和市立(現・市立浦和)1988年 星野選手のユニフォーム

 ・柳川          2000年 香月選手のユニフォーム   ほか

◎夏の大会の歴代優勝校を紹介する「栄光の足跡」

 ・芦屋   1952年 決勝戦ウイニングボール 

 ・花咲徳栄 2017年 清水選手のグローブ   ほか

◎夏の高校野球の歴史を写真で振り返る「100回大会の歴史」

◎朝日新聞連載「ベストゲーム47」特集

 ・北海道 2004年 決勝  駒大苫小牧-済美  駒大苫小牧・佐々木選手のユニフォーム

 ・京都  1997年 決勝  平安-智弁和歌山 平安・川口選手のユニフォーム

 ・高知  2002年 3回戦 明徳義塾-常総学院 明徳義塾・田辺選手のユニフォーム 他

◎第100回全国高等学校野球選手権記念大会の優勝校に贈られる優勝盾、優勝メダル 

  ※優勝盾の展示は決勝戦前日まで

◎第100回全国高等学校野球選手権記念大会代表校紹介パネル

◎抽選会で実際に使用された出場校名プレート

◎トリックアート

◎甲子園歴史館の入館券がオリジナルデザインに

 ・特別展期間中、甲子園歴史館の入館券が夏の大会の印象的な写真を使用した10種類のオリジナルバージョンに!
  ※招待券で入館の方へは入場券のお渡しはございませんので、あらかじめご了承ください。
  ※配布予定枚数を終了致しました。通常のデザインの入館券にてご案内しております。
   予めご了承ください。

 
【開催期間】 

7月31日(火)~8月26日(日)

【開催場所】 

甲子園歴史館

【入場料】 

甲子園歴史館入館料に含まれます(別途料金は不要)。

皆様のご来館お待ちいたしております。