甲子園歴史館 タイガース2016年の足跡と歴代新人王特集 期間 2016年9月6日(火)~2017年2月12日(日)

甲子園歴史館では、9月6日(火)から、企画展「タイガース2016年の足跡と歴代新人王特集」を開催しています。
2016年シーズン、阪神タイガースが繰り広げてきた戦いの軌跡を、スポーツ新聞の一面や試合成績で振り返ります。 また、タイガースの歴代新人王を獲得した7選手に加え、惜しくも新人王を逃した選手にもスポットを当て、その活躍や名シーンを写真や展示品さらには映像で紹介します。

歴代新人王特集

タイガースでは、1955年に球団初の新人王を獲得した西村一孔選手をはじめ、2015年シーズン終了時までに新人王を7選手輩出しています。 その7選手の経歴や活躍をパネルや映像、展示品で紹介します。

【主な展示内容】
  • ・西村一孔選手(サインボール)
  • ・田淵幸一選手(1969年オールスター出場記念メダル)
  • ・岡田彰布選手(サインバット、監督時代のユニフォーム)
  • ・久慈照嘉選手(1992年最優秀新人賞 賞状)
  • ・藪恵市選手 (1994年最優秀新人賞 ペナント)
  • ・赤星憲広選手(ユニフォーム)
  • ・上園啓史選手(2007年最優秀新人賞 ペナント、ユニフォーム) など
新人年に活躍した選手たち

また、新人王が制定される1950年以前に新人年で活躍した選手や、新人王の獲得を逃したものの、鮮烈な印象を残した選手をパネルや映像、展示品で紹介します。

【主な展示内容】
  • ・梶岡忠義選手(サインボール)
  • ・坪井智哉選手(サインボール)
  • ・上田二朗選手(プロ初完封勝利記念ボール)
  • ・福原忍選手(1999年当時のユニフォーム) など
タイガース2016年の足跡・MIP投票

タイガース2016年の全試合結果の紹介やスポーツ紙の一面で振り返る2016年の足跡コーナーの展示をしています。
また、ファンの皆様の投票で決定した、今シーズン最も活躍した投手・野手を選出する
”MIPMost Impressive Player)投票の結果もパネルで紹介しています。
こちらでは、MIPに選出された選手のユニフォームなどの展示を行っております。

  MIP投票結果【2016年シーズン ファンにとって最も印象に残っている選手】
●投手部門
1位 岩貞祐太選手(得票数:208票)
2位 ランディ・メッセンジャー選手(得票数:108票)
3位 藤浪晋太郎選手(得票数:44票)
4位 青柳晃洋選手(得票数:37票)
5位 能見篤史選手(得票数:26票)
●野手部門
1位 髙山俊選手(得票数:202票)
2位 原口文仁選手(得票数:104票)
3位 福留孝介選手(得票数:92票)
4位 北條史也選手(得票数:52票)
5位 鳥谷敬選手(得票数:18票)